教育の二つの柱

キリスト教保育
キリスト教保育では、「子どもも大人も神によって創造され生命を与えられた」ひとり一人がかけがえのない存在であり、神の恵みの中に生かされていると考えています。
幼稚園の3年間は、人間の生涯に大切な影響を与える人格形成期です。この時期に、自分が愛されている事を知ることは何にもまして大切なことです。
当園では、子どもたちひとり一人を「人格を持った人間」として尊重して育ててまいります。神を信じ、人を愛し、自然を愛し、美を愛する心豊かな人に、真に自由で自立した人格を持った人に、また、他人の痛みを理解できる人に育っていってほしいと願っています。
そのために、愛と生命を大切にする聖書の言葉を聞き、讃美歌を歌いお祈りをする礼拝を大切にしています。
002
自由保育
自由保育とは「自由放任主義の教育」ということではなく、自立の心を重んじる保育形態のことです。当園では、日々の遊びを大切にしています。遊びに意欲的に取り組むとき、子どもの感性が磨かれ、思考する力が深まり、自由には規律が要ることもふくめ、生きていく上で必要なことを、自分自身で学びとり、力強く成長していきます。
当園では、何かを無理やり教え込んだりしません。多様な遊びにのびのびと取り組む経験の積み重ねの中で、心とからだの働きが豊かで確かなものになったいくように手助けをしてまいります。当園の保育者たちは、子どもたちにていねいに目を注ぎ、それぞれの個性を尊重しつつ、発達に応じた保育をするために、絶えず研修し、適切に援助できるよう努めてまいります。
042
  

しんせいブログ

8月 2017
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC

〒160-0004
東京都新宿区四谷1-14
TEL.03-3357-7036
FAX.03-3357-7076
園長 的場恵美子
EMIKO MATOBA

»» 四谷新生教会はこちらです