年中長「ページェント」

今日はページェント。

子どもたちは何となく緊張した表情で登園していました。(年少さんは終わったー。という気分でしょうか。晴れやかに登園してくれました。)

アドベントの始まりから今日まで。子どもたちは様々な姿を見せてくれました。そして、毎日過ごしていく中で、気持ちが入っていくことを感じました。

これは私たち以上に子どもたちひとり一人が感じていることだと思います。

年長さんのナレーターさんの言葉から始まりました。

Aちゃんの元気な声にいっぺんに元気をもらった気がしました。

椅子で体で緊張を示すAちゃん。戻ってきたときのやりきった表情が忘れられません。

その後も、本当にひとり一人が今までで一番の表現をしてくれました。本当に子どもたちの持っている力ははかりきれません。

ただただ、驚かされるの一言です。

最後も、ナレーター全員でお話の終わりを伝えました。

毎年、同じページェントですが、毎年違う表現が見られます。それでよいのです。同じことは、イエスさんの誕生の喜びをたくさんの人に伝える。ということです。

2学期あと少し。今日の経験を大切に過ごしていきます。

Share Button