またまた発見。カブトムシの幼虫。

新しい1週間が始まりました。2月になり寒さもさらに厳しくなっていくのでしょうか。

園庭の雪もようやくなくなりそうです。

さて、年長さんのお部屋にはカブトムシの幼虫が十数匹います。

そのうちの数匹は、幼稚園の土から見つけたものです。

というのも、土の片づけをすると園庭の決まった場所に土をひっくり返すのですが、その中におそらく卵があったのだと推測されます。

今日も、その場所を掘っていると2匹の幼虫が顔を出しました。

よく見つかるのは、ドウガネブイブイというコガネムシの幼虫なのですが、

特徴から言って間違いなくカブトムシです。

子どもたちはすぐにM先生のところに走っていきます。好きなことがよーく分かっているのですね。

また新たに加わった2匹の仲間たち。

6月にはどんな成虫になった姿を見せてくれるのでしょう。

Share Button