新しい竹馬

今日は合同礼拝を行いました。

イエス様がお弟子さんたちの足を洗うお話でした。イエス様が足を洗うなんて。そう思われるかもしれませんが、イエス様はお弟子さんたちがしてほしいと思うことを喜んでされました。

そのことを考えることが愛であり、相手を思うことである。そのことが子どもたちの心に少しでも積み重ねられていくことを願います。

その後、竹馬の一つが壊れてしまったお話をしましたが、3学期になり、竹馬が新しくなりました。

竹でできた竹馬6台。年少さんや年中さんでもできるアルミ製のものが2台です。

特に年長さんの女の子は2学期から何度も何度も取り組み、竹馬が変わってもすぐにできてしまいました。すぐに、と簡単に言っていますが簡単にできるようになったのではありません。何度も何度も転びながら頑張って今の姿があります。

そこが男の子と女の子の違いですね。毎年、できるまで頑張るのは女の子なのです。

Share Button