お知らせ

1学期が終了しました。

2017年度がスタートし、3か月半。子どもたちは一歩ずつ一歩ずつ歩みを進めてきました。

ひとり一人のペースでです。集団生活のなかでは、みんなで行っていくことが多くあります。誰かができるからできなくてはいけない。できるようにならなくてはいけない。ではありません。

向かっていくことが同じであることを子どもたちが分かっていくことが大切です。そのことを積み重ねの中で身につけていくのです。

その積み重ねが各クラス、1学期は力となっていきました。

終了式では、夏休みのお約束として、

●たくさんあそぶ

●たくさんたべる

●早寝早起きをする

をお話しし、出かけるときには必ずお家の人といる。ということを確認しました。

長い夏休みになります。戻ることは当然あります。始まった時にまたどのように歩んでいったかを思い出しながら進めていきましょう。

この1学期も大きな事故や怪我なく過ごせましたことを心より感謝いたします。

良い夏休みをお過ごしください。

お泊り保育2日目は7時に起床しました。

前日とは打って変わっての晴天となり、起床後の外での礼拝はとても気持ちの良いものでした。

礼拝後には体操をし、食堂へ移動し朝食をいただきました。

オムレツにはケチャップで顔の絵やハート、星が描かれていました。小さな心遣いがとても暖かく、嬉しく思いました。

朝食後には、恵みシャレーから歩いて5分ほどのところにある“雲場池”へお散歩に行きました。

池の周りを1周し、カルガモの親子やコイなど前日の雨でぬかるんだ道も喜びに変えながら歩みを進めていきました。

お散歩から戻ると・・・。みんなで集まる場所の扉が閉まっています。みんなでそーっと入ると、エルマーからのお手紙とプレゼントが!!

なかを開けるとひとり一人へのコップのプレゼントが入っていたのです。

みんなでエルマーの体にマジックで色を塗り、世界にひとつのひとり一人の大切なコップが出来上がりました。

最後の昼食では、カレーをいただき、軽井沢の駅まで歩いて向かいました。約30分の道のりを一歩一歩かみしめながら歩きました。

「もっといたかったなー。」「またきたいなー。」「やっとままにあえる!」様々な思いを胸に軽井沢を後にしました。

この経験がこれからのひとり一人の、ゆりぐみの自信へとなったことでしょう。今後の姿が楽しみです。

神さまに見守られ、大きな事故や怪我なく帰ってくることができたこと。本当に感謝です。保護者の皆さまもあたたかく駅で迎えてくださってありがとうございました。

7月4日、5日の2日間でお泊り保育が行われました。

東京駅に集まった子どもたち。緊張や興奮。様々な姿が見られました。

新幹線に乗るとそこには笑顔いっぱいの子どもたちの姿。子どもたちの力はすごいですね。

軽井沢駅を降りると、外は雨が降っていました。恵みシャレーまで歩く予定でしたが、6グループに分かれてタクシーに乗り込みました。

「あめだからしょうがないね。」「たのしいこともっといっぱいあるよね。」と子どもたちに励まされながら恵みシャレーに到着しました。

みんなで持ってきたおにぎりを食べ、体育館であそびました。

その後は、エルマーからのお手紙を発見し、色探しの旅が始まりました。3グループに分かれて、途中何度もすれ違いながら進めていきました。

雨が降っていてもそのことを感じさせない子どもたちの元気がありました。

皆がそろうまで40分くらいだったでしょうか。皆が見つけた色のパーツが集まりました。その後はみんなでエルマーに貼っていきました。

夜のキャンプファイアーは雨のため体育館でのキャンドルサービスに変更しました。

小さな火が灯っていく様子をじーっと見ていた子どもたち。その後は、火を囲んで歌を歌い、ゲームを楽しみました。

何とか花火は・・・。と思い、「よし。やってみよう!」と決行することになりました。

「はなびがんばれ!」とひとり一人が応援し、シャー!と火の粉が飛び散ると子どもたちの歓声もあがりました。たくさんはできませんでしたが、子どもたちの心には大きな花火が打ちあがりました。

その後は、グループごとにお風呂に入り、就寝準備をし、21時。就寝しました。

新しい1週間が始まりました。そして、今日はなんと真夏日。35度を超える一日となりました。

登園の時間にはすでに30度近かったのではないでしょうか。

今日の年長さんは明日のお泊まり保育に向けて、歌を歌ったりと気持ちを向けていましたよ。

自由あそびでは裸足になり、みんなでの川づくりを楽しむ姿がありました。

いつもはそれぞれのあそびをグループになって過ごす姿が多くありますが、今日は全員で行っていました。誰が言ったわけではなく、自然とそうなったのだと思います。

気持ちがそうさせたのですね。

Kグループの子どもたちはなんとなく、いつも以上にスキンシップを求める姿もありました。

一人ひとりが明日を迎える前に少しずつ気持ちを向けていく姿でした。

さぁ、明日から1泊2日のお泊まり保育。良い時間を過ごせるよう、一人ひとりの気持ちに十分寄り添い進めていきたいと思います。

今週も終わりを迎えました。最終日は“年少保育参加”が行なわれました。

幼稚園に入園してから2ヶ月半。お子様の様子はいかがだったでしょうか?

登園、身支度、あそび、クラス活動など一人ひとりの様子を知っていただくことができましたでしょうか。

しかし、いつもの姿と比べると違う姿が多く見られました。お母様がいることは喜びであり、緊張でもあります。なんとなく静かな年少さんたちだったなぁと感じています。

その変化は午後になって現れました。「〇〇せんせーい!」と大きな声が園のなかを響いていきました。ホッとしたのかもしれないですね。

クラス活動では、普段から楽しんでいる表現活動をともに参加していただきました。最後までお子様とともに体を動かしてくださったことに心より感謝いたします。子どもたちも嬉しかったことでしょう。

これからもまだまだ初めてのことが続く年少さんです。行うことが目的ではなく、一つひとつを楽しみ、喜びに感じていくことができるように進めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

今日は朝からの雨。本格的な雨になりましたね。

やんだかと思うと強さを増していきました。

雨の日は、室内で過ごす子どもたち。積み木にプラレール、粘土あそびに制作、ままごとなど思い思いに取り組む姿があります。

全クラスがあそぶお部屋になり、静の活動、動の活動と分けながら環境も整えていきます。

最近では、室内でのダンスが子どもたちの喜びとなっています。

様々な曲を流しながら、忍者になってみたり、昨年の運動会のダンスを踊ってみたりと表現すること、体を動かすことに喜びを感じています。

金曜日には年少さんの保育参加も行われます。年少さんはどのような活動になるのでしょうか。楽しみです。

002今日は30℃を超える真夏日となりました。梅雨の合間の夏日。とも言いますが、立っているだけでも汗が出てくる陽気となりましたね。

今日は、年中保育参加の日が与えられました。

子どもたちはいつも以上に心を躍らせ、お母さんとの時間を喜びとしていましたね。いつもよりもやや緊張していたのではないでしょうか。(いつもはもっと元気いっぱいです。)

登園後、身支度を済ませ、少しあそぶ時間を過ごし、サークル活動、礼拝へと進んでいきました。

お当番はつい先日から始まったばかりです。全員がまだ経験していません。その中で、お友だちの力を借りて頑張っていたのではないでしょうか。

その後の制作活動においては、家族の方との“マラカスづくり”。相談しながら世界にたったひとつのものができあがりました。子どもたちも喜びに満ちた顔をしていましたね。

クラスでは、今日まで数回、鈴やカスタネット、タンバリンを使ってリズム打ちをしてきました。何度か行うと、子どもたちもリズムがとれるようになっていきます。積み重ねの中で覚えていく姿があります。

いつもある楽器ではなく、手作り楽器のあたたかさ、楽しさを感じることができたことが何より大きな喜びでした。

暑い中ご参加くださりありがとうございました。

 

 

昨日、今日と肌寒い日が続いていますね。

体調管理にも気をつけなければなりません。

今週は、クラス懇談会も行われ、子どもたちの様子やお願いなどをお伝えさせていただいています。

午前保育ではありましたが、第2回目のポテトチップも楽しみました。年長さんが、チップを入れる袋を作り、年中さん、年少さんへ配ってくれました。

自分たちも食べたいという気持ちを持ちつつ、まずは喜びを渡してくれました。その後、年長さんたちも食べ、元気が出たところで再度、配ってくれました。

まだまだじゃがいもは残っています。まだまだ楽しみたいと思います!

年長さんのAくんは、ふきが大好きです。昨日も持ち帰り、お母さんに作ってもらい食べたことを伝えてくれました。そして、今日も「せんせい!ふき!」と昨日よりも太いものを収穫して帰りました。

手あそびでは♪すじーのとおったふーき♪とありますが、どれだけの子どもたちがふきを理解しているのでしょうか?

私はAくんが「ふきっておいしいんだよなー。」その言葉が心から嬉しく思います。

梅雨に入ったとはいえ、雨になることがありませんでした.

が、今日は朝からしとしと雨が降り始めました。

こひつじさんは外で過ごすことができましたが、クラス活動を終えた在園児の子どもたちは出るとすぐに雨が降り始め、室内でのあそびとなりました。

これから、雨の日が続くようになると、子どもたちも発散できないときが続いていきます。

環境設定をしっかり行いながら、“あめでもたのしい!”そんな気持ちで過ごせるように歩みを進めていきたいと思います。

今週は各クラスで“秘密の活動”が行われています。

年少さんは、「ひみつって。いっといたよ。」など子どもらしい様子も見られることでしょう。

早いもので1学期も残すところ約1か月。今日までの積み重ねを大切にしていきたいと思います。

 

今日で縦割り保育が終了しました。特に年少さんはこの1週間、心も体も疲れたことと思います。

表情は笑っていても心の中はドキドキや不安がたくさんあったことでしょう。

保護者のみなさまも「どうなるのかしら?」という思いもあったことでしょう。

その中にあって、登園時、降園時など多くのご協力に感謝いたします。

今までは、マークはわかっていても名前が分からなかったり、名前はわかっていてもマークが分からなかったりする子どもたちの様子もありました。

この1週間で多くのことが分かったことでしょう。

今日までの関わりを大切に来週以降の保育へとつなげていきたいと思います。

 

しんせいブログ

8月 2017
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC

〒160-0004
東京都新宿区四谷1-14
TEL.03-3357-7036
FAX.03-3357-7076
園長 的場恵美子
EMIKO MATOBA

»» 四谷新生教会はこちらです