写真で綴る園生活

今日も梅雨らしい天気となりました。

そんな中、年長さんは“プラネタリウム”に出かけました。四ツ谷駅から電車に乗り、池袋まで出かけました。

七夕が近づき星のことを知る機会になったことでしょう。

公共の施設の利用の仕方、過ごし方を含めてよい時間となったことでしょう。

年長さんだけで出かけるときはこれから何回かありますね。

次はいよいよお泊り保育です。子どもたちの気持ちが一つになっていくことを大切に当日まで歩みを進めていきたいと思います。

幼稚園では、たんぽぽさんが一番上のお兄さん、お姉さんとなり張り切ってお片付けなど行ってくれたようですよ。

それぞれの場所でひとり一人が力を発揮してくれました。大きな喜びです。

新しい1週間が始まりました。今朝もしとしとと雨が降り始めていましたが、子どもたちの登園時にはやみ、午後には晴れ間もでてきました。

まだまだはっきりしない天気が続きそうですね。子どもたちもじめじめした気候に汗びっしょりになります。

自由あそびでは、積み木でお化け屋敷?!のようなトンネルを作り隠れたり、段ボールで作った太鼓を曲に合わせて叩いたりとお部屋でも楽しく過ごしました。

外では、大きな山をつくり、今日は真ん中から真っ二つに山が分かれていました。子どもたちが通れる?とも思うくらいの幅でした。

あそびの展開って面白いですね。「あしたもやりたい!」その積み重ねを大切に過ごしていきたいと思います。

そして、夏野菜の収穫もたくさんできました。046休み明けは特に大きく成長していて驚かされます。

子どもたちはそのままの味を喜び、あっという間になくなってしまいました。

008013梅雨の季節は毎日、天候も気温も様々ですね。体調を崩す子どもたちの姿も多く見られるようになります。

今日の年少さんは外で“絵具活動を楽しみました。

大きなかき氷に手で絵具をつけていきました。ジャングルジムのところにそれはそれは大きなかき氷が準備されていました。

子どもたちはこんな大きなかき氷は見たことないでしょうね。「はやくやりたーい!」そんな思いが子どもたちからも伝わってくるようでした。

その後はそのままプールに入りました。今週2回目のプールです。昨年はなかなか1回目ができなかったプール。今年は楽しんでいます。

年少さんのあとは年長さん、年中さんと続いていきました。

予報とは少し違い肌寒さを感じましたが、そこは子どもたち。喜びに感じあえる力が園庭中に広がっていました。

自由あそび中には、収穫した枝豆も食べました。ホクホクのお豆の味は格別でした。

明日は年少さんの保育参加です。お子様と楽しい時間をお過ごしください。

002新しい1週間が始まりました。そして、今年度最初の水あそびが始まりました。

朝は肌寒さを感じていましたが、子どもたちが登園するころには気温も上がり陽が出てきました。

プールを見ると「あっ!プールだー!」と大興奮な姿。これから始まる喜びが体全体から伝わってきました。

年少さんは初めての水あそび。体調がすぐれなく参加できない子どももいましたが、涙になる姿もなく、みんなで喜び多い時間を過ごすことができました。

年少さん、年中さん、年長さんの順番で入りました。

今日は、小学生のお姉さんが4人お手伝いにきてくれました。シャワーを手伝ってくれたり、着替えを手伝ってくれたりと先生の代わりをたくさんしてくれました。

久しぶりの幼稚園。久しぶりのお母さんのお弁当。たくさんの久しぶりを心から楽しんでいた小学生たちでした。

016047046056今日も暑い一日となりましたね。今週も終わりを迎えました。

今日は“年長保育参加”が行われました。

登園後からお弁当前までをともに過ごしていただきました。

主な活動として“お泊りの導入活動”をともに行っていただきました。

いつもは友だちとうたう歌もお家の方と歌い、礼拝や出欠などもともに過ごすことができました。

子どもたちの気持ちはいつもの何倍も大きくなり緊張も深まっていたことでしょう。

エルマーから届いた手紙。Tシャツ。子どもたちと同じ気持ちでのぞんでいただけましたでしょうか。

世界に一枚しかない親子で作ったTシャツです。お泊りに向けてまた一つ深めることができました。

子どもたちはまだまだ今日の活動がお泊りへと直結するわけではありません。少しずつ少しずつ向かっていきたいと思います。

本日は限られたスペースではありましたが、どうもありがとうございました。

014012今日は暑い一日になりましたね。

園庭では気持ちよく過ごす子どもたちの姿が見られました。

水あそびに泥あそび。虫探しに鬼ごっこ。

思いきり気持ちを表現する子どもたちの表情は素晴らしい顔をしています。

“たのしー!”という言葉が体中から出ているようです。

1週間の中で一番疲れる日が木曜日だと言われます。1週間の終わりの金曜日だと思いがちですがピークがと考えると子どもたちの様子を見ていてもそうだと思えることが多くあります。

ですので、ぶつかり合いやけがが多くなるのも木曜日になることが多いようです。

あくまでも傾向です。が、子どもたちのことを知っておく上では覚えておくとよいかもしれないですね。

明日は年長さんの保育参加が行われます。今から緊張している子どもたちもいることでしょう。いつもの子どもたちの6割?!くらいの姿だと思っていただけるとありがたく思います。どんな一日となるのでしょう。楽しみです。

040043新しい1週間の始まりです。

日曜日の合同礼拝にもたくさんの参加があったようで、嬉しく思います。

さて、今日はみんなで“じゃがいも”の収穫をしました。

3月に種芋を植えてから約3か月。掘ってみるとたくさんのじゃがいもができていました!

出てくるたびに子どもたちの歓声が上がりました。

年少さんは初めての収穫ですね。じゃがいもがどのようにできるのか。ということも分かったことでしょう。

お弁当を食べた後には、さっそく“ポテトチップ”にしていただきました。

「せんせい。にかいめいい?」「さんかいはだめだよね。」など“たべたーい!”という気持ちがとっても伝わってきました。

今年は男爵イモにメークイン。たくさんできました。

何度か楽しめそうですよ。

015014020「せんせーい。きゅうりがなってるよー。」「せんせい。すごいのびてきてるよー。」最近子どもたちからよく聞かれる言葉です。

みんなで畑まで走っていきます。目の前に現れるのは大きな大きなきゅうりです。

きゅうりは一日経つとすぐにお化けきゅうりになってしまいます。

その場で収穫して、その場でいただきます。採れたてのきゅうりはとげとげしていて痛いです。

「いてっ!」「いてっ!」と子どもたちも声を発しながら洗いに行ってくれます。

お家ではぜーったいに食べない子どもも、一口食べてみようと思ってしまうのが幼稚園の野菜です。

年長さんはよく「まほうのやさいだ!」と言います。

まさにそうです!

食べてみてやっぱり食べれないこともあります。しかし、その気にさせてしまうパワーが幼稚園の野菜にはあります。

これからいろいろな野菜が実をつけ収穫へと進んでいきます。

今年も子どもたちの様々な姿が見られることを楽しみに歩みを進めていきたいと思います。

こひつじクラスのA君も、火曜日にきゅうりを食べました。なんとなんと、初めてきゅうりを食べることができたそうです。うれしいうれしい姿ですね。しかーし、ではお家でも・・・。はだめですからねー。

023新しい1週間が始まりました。

今週は縦割り保育、個人面談の週を過ごします。

登園後は、各グループの下駄箱に靴を始末し、まずは自分たちのクラスに集まりました。

その後、たんぽぽとゆりの部屋にみんなで集まり礼拝をしました。

そしていよいよ縦割り保育のお話です。今日から5回過ごすこと。朝とお礼拝とお弁当(給食)とお帰りの時間をともに過ごすことを知っていきました。

年中さんと年長さんは昨年までのことをよく覚えていましたよ。少し余裕も感じられました。

年少さんは、“なにがはじまるのだろう”と少し不安な様子も見られましたが、お部屋に分かれると力を徐々に発揮していく姿が見られました。

ペアの年少さんのお茶を入れてあげる年長さん。年長さんが忘れていることに声をかける年中さん。すでに様々な異年齢の交わりが見られています。今週の深まりを楽しみにしたいと思います。

写真は、年少さんが年長さんにスパゲッティーを作ってくれている様子です。

一生懸命に作る。それを待つ。見ていてとても微笑ましい時間でした。

 

今日は5月生まれのお友だちの誕生日会でした。

3名の誕生児が与えられました。

礼拝のお話では、世界の始まりのお話を聞きました。

聖書の一番初めに書かれているお話です。

神さまは始めに何もない真っ暗な世界に「ひかりあれ。」と光を与えてくださいました。004

そして、世界を空と陸に分け、空には鳥を陸には虫や動物を作られました。

そして最後に人間を作りました。

年長さんは「あだむさん!」と伝えてくれました。今までの積み重ねを感じました。

子どもたちにとって1年に一度の誕生日会。

神さまは選んでそれぞれの家庭へ一人ひとりを与えてくださいました。かけがえのない命です。

できないことがたくさんあるから、成長できるのです。成長として感じることができるのです。

今日のこの日を心から「おめでとう!」と伝えることのできる一日としてください。

改めましてお誕生日おめでとうございます。014