056雨も止んだ今日。雨が降ると喜ぶのは“しいたけ”です。

昨日よりもぐんと大きくなったしいたけに、子どもたちもそろそろ食べられることを知っています。

今日は、6個いや7個だったでしょうか?!子どもたちの手のひらよりも大きな大きなしいたけができました。

そして、今日も網焼きです!新鮮な証拠にしいたけからぐつぐつと水がでてきます。

匂いに誘われてたくさんの子どもたちが集まってきます。もちろん、苦手な子どももいますが、そこは“たべてみよう”の魔法がかかります。

「ようちえんのはたべれる!!」食べられました!

まだまだ続く、しいたけの収穫。秋の収穫の一つとして喜び合っていきたいと思います。

085062080昨日のブログがアップされていませんでしたー。

確認不足ですみません。今日の出来事と合わせてお伝えさせていただきます。

年長さんが蒔いたコスモスの種。芽が出るまでに台風などの影響で種が流れてしまうことも乗り越え、ようやく一輪花が咲きました。

桃色の綺麗な花です。子どもたちは「Yせんせい!さいたよー。」と駆け寄っていきます。子どもたちが心待ちにしていた様子がうかがえます。

よく見ると他のコスモスも蕾を付け始めています。続いて咲いていくことが今から楽しみです。

そして、今年も“しいたけ”が続々と顔を出しています。

「おきなさーい!」と木をトンカチで叩き、水をかけ始めてから約1週間後には顔を出しはじめました。

今では、収穫できる大きさになっています。日に日に成長する姿に子どもたちの声もどんどん大きくなっていきます。

網焼きにしてみんなで食べたいと思います。

上り棒の後ろにあります。降園後などお子様とぜひご覧になってくださいね。

050052054新しい1週間が始まりました。台風は過ぎ去りましたが、今日は風の強い一日となりました。園庭にはたくさんの葉っぱが子どもたちの表現で言うと「だんすしている!」でした。

さて、先週の金曜日には第1回目のポップコーンを行い、本日2回目を行いました。

1回目は年少さんと年中さん。2回目は年長さん。が中心でした。

今回のポップコーンは採れた量は少なかったのですが、ものはよく。一粒も残らずにポップコーンになってくれました。

子どもたちからは「おいしー!!」「やっぱりようちえんのはおいしいなー。」と子どもたちの言葉がたくさん聞かれます。

今回はあと1回は楽しめるでしょうか?!

一粒一粒を大切にみなで喜び合う時間を過ごしていきたいと思います。

032040久しぶりの快晴。気持ちの良い一日を過ごしました。

8月終わりに収穫したポップコーン。

今日は、一粒一粒を子どもたちが外してくれました。小さな小さな手で、小さな小さな粒を外していきました。

「たいせつなひとつだよー。」と年長さんが声をかけてくれながら進めていきました。

昨年ほどの量は採れませんでしたが子どもたちは今から作ることを楽しみにしています。

明日、第1回目のポップコーンづくりをしたいと思っています。

種からポップコーンになっていく様子を見ること。楽しみです。

 

018019新しい1週間が始まりました。台風が去り、今日の幼稚園はその通ったあとがいくつか見られました。

特に畑のオクラやピーマンは背丈があるのでみな園庭側へ倒れていました。倒れていてもそこから太陽へ向かって伸びていくのですよ。

自然の力はすごいですね。すぐにまっすぐに直し、今ではまたまっすぐに成長しています。

また、3日間のお休みは長いですね。金曜日にまいた大根、カブの種から芽が出ていました。一緒にまいてくれた年少さんは芽が出ているのを見て一歩下がって驚きを表現してくれました。

何もなかったところからたくさんの芽が出ているのですからそれはびっくりしますね。

これから秋から冬になっていく中で力強く成長してくれることと思います。

毎日の子どもたちの姿、向き合い方が楽しみです。

今週は1日少ない保育ですが元気に喜び多い時間を過ごしていきたいと思います。

029今日はみんなで収穫した、ピーマン&オクラを食べました。今年の夏は、雨が多かったので成長もゆっくりで今頃たくさんの実をつけてくれています。

ピーマンはとても甘くて、3つ切りましたがあっという間になくなってしまいました。

そして幼稚園のオクラはオオオクラです。15㎝大になる種類のものです。お店に並んでいるものとはちょっと違います。ぜひ、見てみてください。

黄色い綺麗な花が咲いた後には、花が散り、その根元から実が大きくなっていきます。

こひつじさんのAくんは毎日のように「Kせんせい。できてるのみにいこうよ!」と園へやってきます。

ピーマン、なす、とまと、園に出るときには持っていたものが、家に着くとそのまま食べてなくなっていることもあったことを保護者の方に聞きました。

A君は家では肉詰めにしたりしても野菜は食べないそうです。「ようちえんのはたべる。ふしぎですね。」と言葉を交わしました。本当に不思議です。

「ようちえんのがいちばんおいしい!!」子どもたちから聞かれる言葉です。本当に嬉しいですね。大人は、ピーマンはピーマン。と思いますが、子どもたちは家のものとは違う!そう思っているのでしょうね。

これから、秋野菜に向かっていきます。大根、カブ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ。そのままの味をそのまま感じ、分かち合っていきたいと思います。

115116今週も終わりの時を迎えました。そして、6月の保育も最後の一日を過ごしました。

梅雨の時期を過ごしていますが、体調を整えることはなかなか難しいですが、1学期終わりまで元気に過ごせるよう気を付けていきましょう。

さて、今日は合同礼拝を行いました。

年長さんが年少さんをお部屋まで迎えに行き、ペアになって礼拝堂まで移動してきました。縦割り保育の時間も過ごしたことから、とても落ち着いた姿で礼拝堂まで移動できました。

椅子に座ってからも、お兄さん、お姉さんの姿を横に気持ちが礼拝へと向いていきましたよ。

園長先生から7月の聖句(シール帳に書いてあります)のお話を聞き、7月の新しい讃美歌も知りました。

今日で1学期のお弁当も終了しました。子どもたちはたくさんの愛情とたくさんの栄養を受けて毎日喜び多いときを過ごすことができます。

来週からは午前保育となりますが、短い時間のなかで「たのしかったー!」と心から思えるよう進めていきたいと思います。

年長さんはお泊まりも控えていますね。わくわくよりも今はドキドキかもしれません。今は今の気持ちに十分寄り添ってあげてくださいね。

 

野菜がたくさん収穫できたある日。年長組のAくんが「せんせい。ようちえんのやさいをぬかづけしてたべようよ!」と一言。

私はもう一度聞き返してしまいました。子どもたちから“ぬかづけ”という言葉がでてくるとは思っていなかったからです。

「もってきてもいい?」とキラキラした笑顔で伝えるAくんに、「いいねー。いいよ!」と返しました。

そして次の日。お母様と一緒に持ってきてくれました。

みなさんのご家庭にはありますか?昔は各家庭にぬか床があり、朝食にはぬか漬けでご飯を1杯も2杯も食べたものです。

その日の午後に、早速採れたてのナスを漬けてみました。

まずは教師たちと味見をしてみました。一斉に「おいしい!!」と声があがりました。

今では、ナスにきゅうり、漬けたあとは鮮やかな色になって顔を出してくれます。

毎日のお世話も楽しみに、大切にしていきたいと思います。

それにしても、昔の人はすごいですね。どのようにしてこのようなものができて、このような保存方法を見つけていったのでしょう。

野菜の収穫がますます楽しみに心待ちにしてくれる子どもたちの姿があります。これからできる野菜でも挑戦してみたいと思います!

今日はしとしと雨が降る中、6月生まれの子どもたちの誕生日会が開かれました。

5月に出席できなかった園児を含め、5人の誕生児が与えられました。

5人の子どもたちは、今日のように雨の降る日に生まれたのでしょうか?梅雨の晴れ間に生まれたのでしょうか?雨は降っていなくてもじめじめした日に生まれたのでしょうか?

ひとり一人が神さまが選んでそれぞれの家庭へ、その時の時間に与えてくださいました。

きょうだいでも考えていること、感じることなど同じことは何一つありません。

同じ空間の中で生活していても、同じ道に乗せる必要はありません。それぞれの道を大切に毎日を過ごしていきましょう。そして、立ち止まり、悩んだときにはともに考えていきましょう。

教師たちの出し物では、姿は見えなくてもすぐに「〇〇せんせいのこえだ!」とすぐに分かってしまう子どもたち。さすがですね。

今日も、子どもたちからの「〇〇ちゃんおめでとう!」という声が自然と聞かれることがとても嬉しく思いました。

6月生まれ、5月生まれのお友だち、保護者の皆さまおめでとうございます。

今日も梅雨らしい天気となりました。

そんな中、年長さんは“プラネタリウム”に出かけました。四ツ谷駅から電車に乗り、池袋まで出かけました。

七夕が近づき星のことを知る機会になったことでしょう。

公共の施設の利用の仕方、過ごし方を含めてよい時間となったことでしょう。

年長さんだけで出かけるときはこれから何回かありますね。

次はいよいよお泊り保育です。子どもたちの気持ちが一つになっていくことを大切に当日まで歩みを進めていきたいと思います。

幼稚園では、たんぽぽさんが一番上のお兄さん、お姉さんとなり張り切ってお片付けなど行ってくれたようですよ。

それぞれの場所でひとり一人が力を発揮してくれました。大きな喜びです。