部屋遊び

朝降っていた雨もやみ、外で過ごすこともできました。

各クラス、運動会に向けて少しずつ歩みを進めています。

運動会だから・・・という取り組みではありません。子どもたちの気持ちを盛り上げながら、お家の人に見せたい!そんな思いで取り組んでいきます。

外では、自然とダンスが始まり、学年関係なく飛び入り参加の子どもたちも多くいます。とにかく楽しんでいる子どもたちの姿が力となります。012

また、室内では、年長さんが大きな紙を使って紙飛行機を作りました。015

前日に折り紙で作った紙飛行機。「もっとおおきくつくれないかなー。」そんな一言が今日に繋がっていきました。

折り紙とは違い、そう簡単には折れません。力がいります。そこは年長さんですね。力を込めて作っていました。

もちろんそこへやってきて「ほしー!」と言うのは年少さんです。作ってもらった表情は満面の笑みでした。

その後も、名前や絵を描いたり、自分の飛行機が出来上がっていきました。

「よーし!外で飛ばすぞー!」の掛け声に冷静だったのは年長さんでした。「せんせい。ぬれちゃうからだめー。」と一言。雨上がりの園庭は確かに濡れていました。勢いで楽しんでしまう子どもたちの姿もありますが、作ったものを大事にしたい。そんなことも考える姿もありますね。

今日は昨日よりもぽかぽか陽気になりました。

お祝い会に向けて、各クラス歩みを進めていますよ。役決め、制作物、相談などなど当日までに心を合わせ、力を合わせ、皆で向かって欲しいと思います。

さて、今日もナーサリーは十数名の子どもたちが過ごしています。

思い思いにあそびを進めている様子が見られます。

普段は大人気のプラレール。も、思う存分楽しみます。

出発してからトンネルがあり、003障害物もあり、004そしてピアノの後ろを通って帰ってきます。ピアノの後ろも暗くてトンネルみたいです。005

つなげていきながら、『こうしよう!』『ああしよう!』と子どもたちは考える天才です。きっと自分が電車に乗った気持ちになっているのでしょうね。お話してくれる言葉にも喜びが満ち溢れています。

また、今日の続きが保育の中ででてくる時もあります。そこで共感し、新たに広がっていくことがあります。

明日も、そんな素敵な時間が流れていきますように。

今日は雨が降る一日となりました。体験入園2回目は雨の日の保育体験となりました。

雨にも関わらず多くの参加がありましたことを心より感謝いたします。

雨の日は外に出ることができないため、各お部屋が、遊び場となります。静かに活動できる場所、発散することのできる場所。そのときの子どもたちの様子に沿って環境を整えていきます。001

今日は、いつもよりも多くの方がいらしていたので、お部屋も狭く感じられたかもしれません。細かい移動などご協力いただきありがとうございました。004

小さなお友だちもお兄さん、お姉さんの様子を見てお祈りや手あそびを一生懸命に行っている姿がありましたね。心が向かっていたことを感じます。

ただ、座ることや話を聞くことが当たり前にできるはずはありません。それでいいのです。これから幼稚園への入園とともにそのことに向かっていくのです。ですから、入園までに〇〇ができないとと思うことなく今後の時間を過ごしてくださいね。

 

今週も今日で終わりになりました。雨は降ったりやんだりを繰り返しています。

幼稚園では避難訓練を行いました。今日は侵入者が幼稚園に入ってきたときの訓練です。最近のニュースをみていると本当に日頃の訓練の大切さを感じさせられます。001

子どもたちも私たちもいつ何が起こるかは予想などつくはずもありません。1年のなかで数回の訓練ですがしっかり意識を持って取り組んでいきたいと思います。

こひつじさんも今週は終わりです。木曜日のお弁当が始まり、違った生活の中子どもたちは過ごしています。お弁当のない今日は、お部屋でゆっくりあそんでいました。涙はすっかりなくなり、くしゃくしゃの笑顔を見せてくれています。

電車が大好きな男の子たち。今日は足を広げてトンネルを作ってくれたお友だちがいましたよ。途中にはお尻がふりふり横に揺れ始め、みんなで喜び合いながら取り組むことができました。002

手あそびもとっても上手に歌をうたってくれています。005

来週は少し小休止のお休みになりますが、喜び多い時間をご家族で過ごせることをお祈りしています。

夏期保育1日目は、雨のスタートになりました。

久しぶりに幼稚園に子どもたちの声が響き渡り幸せな気持ちを与えられました。初日でお休みのお友だちも多くいましたが、子どもたちの日にやけた姿はとても頼もしく映りました。

長いお休みのあとです。リズムを取り戻すことを目的に特別なことは行いません。久しぶりの園でのあそび、友だち、教師との関わりを楽しんで進めていきたいと思います。

年少組さんも積み重ねがしっかり身についていますね。052落ち着いて教師の声に耳を傾け、絵本を見ていましたよ。

新しい1週間が始まりました。

今日は梅雨休みの晴天だったようですよ。園庭では水あそびがたくさん行われていました。

縦割りが終わり、各お部屋へと戻っていった子どもたち。頑張ってきたよー!と言っているような表情でお部屋に入っていきました。

4月から過ごしてきた場所が安心になっている証拠ですね。今後、縦割り保育も2学期、3学期には安心した場所になっていることでしょう。

自由あそび中、たんぽぽさんの女の子三人が折り紙をしていました。053

そのなかで少し浮かない顔をしているMちゃん。

聞いてみると、隣にいたAちゃんがお話してくれました。「AちゃんにおりがみをおしえてくれるのをどっちにするかきめててMちゃんがじゃんけんでまけちゃったの。」ということ。

「じゃんけんにしようってお話してきめたんだ?」と聞くと「うん。」と答えるMちゃん。しばらく時間が過ぎ、「決めたけど、負けちゃったのが嫌だったのかな?」と聞くと「うん」とうなずいて、ぽろぽろ涙が流れました。

じゃんけんで決めようって言ったからにはそのことをしっかり受け止めていたMちゃん。でも、負けちゃった。ということが悔しかったのですね。

大人でも切り替えることがなかなか難しい時もありますが、自分が言ったこと、友だちと決めたことにしっかり責任を持てる姿には頭がさがりました。

それができることが良い悪いということはありません。時には「いやなのー!」という時も必要です。そのバランスを両方経験しながら成長していけるとよいですね。

 

 

 

関東地方も梅雨入りしたそうですね。

これからしばらくはじめじめしたお天気になりそうです。

さて、今日からこひつじクラスは親子分離となりました。登園時はすんなりとお部屋に入っていった子どもたちも、少し経つとお母さんがいないことに気付きな涙になる姿がみられました。001

当たり前ですね、親子で参加していた4日間。当たり前にいると思っていたお母さんがいないわけですから大変です。今日は途中でしたが、次回ははじめからいないんだと思う子どもたちです。今日よりも涙になる姿が多くなるかもしれないですね。

しかし、それでいいんですよ。待っていればお迎えに来てくれることが分かると自然と生活に慣れていきます。ですので、お迎えの時には、「よくがんばったね」とギュッとしてあげてくださいね。

そして、2歳の子どもたちが、譲り合いができて、お友だちと関わりを持てて、落ち着いてものごとに向き合える。ことはできなくて当たり前です。今は、おもちゃであそぶ楽しみや、喜び、先生と一緒にあそぶ楽しみや、喜びを感じることが、積み重ねることが大切です。

明後日も、子どもたちに会えることを楽しみに待っています。

新しい1週間の始まりとともに、1学期の縦割り保育が始まりました。

初めての年少さんはどのような姿になるのかな?と思っていましたが、名前を読んでいくと「はーい!」と一番元気にお返事してくれたのが年少さんでした。きっとお部屋でもいつも元気いっぱいにお返事しているのでしょうね。001002003

その後は、各お部屋に分かれ、荷物の始末する場所を知り、皆で支え合いながら生活がスタートしていきました。

お弁当も異年齢児で座り食べていました。お兄さん、お姉さんの姿からお箸を持ってみようと思ったり、小さなお友だちのちいさなお弁当を見て、自信にしたり、と本当に様々な姿が見られます。004005006

この1週間は、子どもたちも様々な刺激を受けながら生活していくことでしょう。

保護者の皆さもにも登園、降園時とご協力いただくことも多くありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

新しい1週間の始まりは、雨で始まりました。明日の午前中まで雨は残るようですね。

年少さんは、外に出て5分も立たないうちに雨になり、すぐにお部屋に入ることになりました。「さぁ、Yせんせいのところまでかえるよー!」の声に子どもたちはさっと気持ちが向いていきました。もちろん、なかなか切り替えることができない姿もありましたが、それは当然ですね。

あそべると思ってでたら、すぐに入らないといけないのですから・・・。

年中さんのお部屋では、〝絵具〟の活動が行われていましたよ。大きな画用紙に、大きな筆で思い思いに臨む姿がありました。絵の具で絵を描くことは難しいことですね。塗ることのほうが子どもたちは自然と向かうことができますね。001

年長さんは〝新聞〟を使って体を動かしていましたよ。リズム活動で体を十分にあたため、新聞活動へ向かっていきました。新聞が落ちないように体の前に広げたまま走る・・・。難しいですね。外とは違って、お部屋にはいろいろなものがあります。そのなかで思い切り走ることは出来なくても、そこは年長さん。どのように行うことで落ちないか。を考える機会にもなったのではないでしょうか。009

この1週間は家庭訪問に伺わさせていただいています。保育時間も少し短いですが、子どもたちが力いっぱいに過ごし、ご家庭でもゆっくりと過ごせるように歩みを進めていきたいと思います。

昨日とは打って変わっての晴天の今日。新入園児の子どもたちは元気に登園してくれました。

お部屋にもスムーズに入っていく子どもたちを見て、保護者の皆様の方がどきどきしながら見送る様子があったのではないでしょうか。

まだまだ緊張している様子からの姿でもあります。1週間、2週間が過ぎると涙になる姿、また連休明け位にから涙になる姿、が予想されます。

私たちもそのことをしっかり胸において保育にあたっていきます。保護者の皆様もそのことを覚えて心配することなく見守ってあげてくださいね。019

お部屋では、お絵かきをしたり、ままごと遊びをしたりと、ゆったり過ごす子どもたちの姿が見られましたよ。しばらくは環境に慣れることを優先し、お部屋でのあそびが中心になっていきます。少しずつ世界を広げていきたいと思います。

初めは、お昼寝をしなかった子も「めずらしい。」と感じるほどすることもあります。それだけ幼稚園で頑張ってきたんだと思ってあげてくださいね。

たんぽぽさん、ゆりさんも新しいクラスの帽子に大きな喜びを感じています。「あお!」「きいろ!」今はそれぞれが一番大好きな色のようですよ。面白いですね。

外では、年長さんが夏野菜の畑の準備を手伝ってくれました。掘っていると、土の中からミミズや幼虫が出てきて子どもたちの目はキラキラしていきました。008

「せんせい。とまとだよね。」「ぽっぷこーんだー!」と今までのことをよく覚えている子どもたちがとても頼もしかったです。

しんせいブログ

8月 2017
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC

〒160-0004
東京都新宿区四谷1-14
TEL.03-3357-7036
FAX.03-3357-7076
園長 的場恵美子
EMIKO MATOBA

»» 四谷新生教会はこちらです