2017年 6月

115116今週も終わりの時を迎えました。そして、6月の保育も最後の一日を過ごしました。

梅雨の時期を過ごしていますが、体調を整えることはなかなか難しいですが、1学期終わりまで元気に過ごせるよう気を付けていきましょう。

さて、今日は合同礼拝を行いました。

年長さんが年少さんをお部屋まで迎えに行き、ペアになって礼拝堂まで移動してきました。縦割り保育の時間も過ごしたことから、とても落ち着いた姿で礼拝堂まで移動できました。

椅子に座ってからも、お兄さん、お姉さんの姿を横に気持ちが礼拝へと向いていきましたよ。

園長先生から7月の聖句(シール帳に書いてあります)のお話を聞き、7月の新しい讃美歌も知りました。

今日で1学期のお弁当も終了しました。子どもたちはたくさんの愛情とたくさんの栄養を受けて毎日喜び多いときを過ごすことができます。

来週からは午前保育となりますが、短い時間のなかで「たのしかったー!」と心から思えるよう進めていきたいと思います。

年長さんはお泊まりも控えていますね。わくわくよりも今はドキドキかもしれません。今は今の気持ちに十分寄り添ってあげてくださいね。

 

野菜がたくさん収穫できたある日。年長組のAくんが「せんせい。ようちえんのやさいをぬかづけしてたべようよ!」と一言。

私はもう一度聞き返してしまいました。子どもたちから“ぬかづけ”という言葉がでてくるとは思っていなかったからです。

「もってきてもいい?」とキラキラした笑顔で伝えるAくんに、「いいねー。いいよ!」と返しました。

そして次の日。お母様と一緒に持ってきてくれました。

みなさんのご家庭にはありますか?昔は各家庭にぬか床があり、朝食にはぬか漬けでご飯を1杯も2杯も食べたものです。

その日の午後に、早速採れたてのナスを漬けてみました。

まずは教師たちと味見をしてみました。一斉に「おいしい!!」と声があがりました。

今では、ナスにきゅうり、漬けたあとは鮮やかな色になって顔を出してくれます。

毎日のお世話も楽しみに、大切にしていきたいと思います。

それにしても、昔の人はすごいですね。どのようにしてこのようなものができて、このような保存方法を見つけていったのでしょう。

野菜の収穫がますます楽しみに心待ちにしてくれる子どもたちの姿があります。これからできる野菜でも挑戦してみたいと思います!

今日はしとしと雨が降る中、6月生まれの子どもたちの誕生日会が開かれました。

5月に出席できなかった園児を含め、5人の誕生児が与えられました。

5人の子どもたちは、今日のように雨の降る日に生まれたのでしょうか?梅雨の晴れ間に生まれたのでしょうか?雨は降っていなくてもじめじめした日に生まれたのでしょうか?

ひとり一人が神さまが選んでそれぞれの家庭へ、その時の時間に与えてくださいました。

きょうだいでも考えていること、感じることなど同じことは何一つありません。

同じ空間の中で生活していても、同じ道に乗せる必要はありません。それぞれの道を大切に毎日を過ごしていきましょう。そして、立ち止まり、悩んだときにはともに考えていきましょう。

教師たちの出し物では、姿は見えなくてもすぐに「〇〇せんせいのこえだ!」とすぐに分かってしまう子どもたち。さすがですね。

今日も、子どもたちからの「〇〇ちゃんおめでとう!」という声が自然と聞かれることがとても嬉しく思いました。

6月生まれ、5月生まれのお友だち、保護者の皆さまおめでとうございます。

今日も梅雨らしい天気となりました。

そんな中、年長さんは“プラネタリウム”に出かけました。四ツ谷駅から電車に乗り、池袋まで出かけました。

七夕が近づき星のことを知る機会になったことでしょう。

公共の施設の利用の仕方、過ごし方を含めてよい時間となったことでしょう。

年長さんだけで出かけるときはこれから何回かありますね。

次はいよいよお泊り保育です。子どもたちの気持ちが一つになっていくことを大切に当日まで歩みを進めていきたいと思います。

幼稚園では、たんぽぽさんが一番上のお兄さん、お姉さんとなり張り切ってお片付けなど行ってくれたようですよ。

それぞれの場所でひとり一人が力を発揮してくれました。大きな喜びです。

新しい1週間が始まりました。今朝もしとしとと雨が降り始めていましたが、子どもたちの登園時にはやみ、午後には晴れ間もでてきました。

まだまだはっきりしない天気が続きそうですね。子どもたちもじめじめした気候に汗びっしょりになります。

自由あそびでは、積み木でお化け屋敷?!のようなトンネルを作り隠れたり、段ボールで作った太鼓を曲に合わせて叩いたりとお部屋でも楽しく過ごしました。

外では、大きな山をつくり、今日は真ん中から真っ二つに山が分かれていました。子どもたちが通れる?とも思うくらいの幅でした。

あそびの展開って面白いですね。「あしたもやりたい!」その積み重ねを大切に過ごしていきたいと思います。

そして、夏野菜の収穫もたくさんできました。046休み明けは特に大きく成長していて驚かされます。

子どもたちはそのままの味を喜び、あっという間になくなってしまいました。

今週も終わりを迎えました。最終日は“年少保育参加”が行なわれました。

幼稚園に入園してから2ヶ月半。お子様の様子はいかがだったでしょうか?

登園、身支度、あそび、クラス活動など一人ひとりの様子を知っていただくことができましたでしょうか。

しかし、いつもの姿と比べると違う姿が多く見られました。お母様がいることは喜びであり、緊張でもあります。なんとなく静かな年少さんたちだったなぁと感じています。

その変化は午後になって現れました。「〇〇せんせーい!」と大きな声が園のなかを響いていきました。ホッとしたのかもしれないですね。

クラス活動では、普段から楽しんでいる表現活動をともに参加していただきました。最後までお子様とともに体を動かしてくださったことに心より感謝いたします。子どもたちも嬉しかったことでしょう。

これからもまだまだ初めてのことが続く年少さんです。行うことが目的ではなく、一つひとつを楽しみ、喜びに感じていくことができるように進めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

008013梅雨の季節は毎日、天候も気温も様々ですね。体調を崩す子どもたちの姿も多く見られるようになります。

今日の年少さんは外で“絵具活動を楽しみました。

大きなかき氷に手で絵具をつけていきました。ジャングルジムのところにそれはそれは大きなかき氷が準備されていました。

子どもたちはこんな大きなかき氷は見たことないでしょうね。「はやくやりたーい!」そんな思いが子どもたちからも伝わってくるようでした。

その後はそのままプールに入りました。今週2回目のプールです。昨年はなかなか1回目ができなかったプール。今年は楽しんでいます。

年少さんのあとは年長さん、年中さんと続いていきました。

予報とは少し違い肌寒さを感じましたが、そこは子どもたち。喜びに感じあえる力が園庭中に広がっていました。

自由あそび中には、収穫した枝豆も食べました。ホクホクのお豆の味は格別でした。

明日は年少さんの保育参加です。お子様と楽しい時間をお過ごしください。

今日は朝からの雨。本格的な雨になりましたね。

やんだかと思うと強さを増していきました。

雨の日は、室内で過ごす子どもたち。積み木にプラレール、粘土あそびに制作、ままごとなど思い思いに取り組む姿があります。

全クラスがあそぶお部屋になり、静の活動、動の活動と分けながら環境も整えていきます。

最近では、室内でのダンスが子どもたちの喜びとなっています。

様々な曲を流しながら、忍者になってみたり、昨年の運動会のダンスを踊ってみたりと表現すること、体を動かすことに喜びを感じています。

金曜日には年少さんの保育参加も行われます。年少さんはどのような活動になるのでしょうか。楽しみです。

002今日は30℃を超える真夏日となりました。梅雨の合間の夏日。とも言いますが、立っているだけでも汗が出てくる陽気となりましたね。

今日は、年中保育参加の日が与えられました。

子どもたちはいつも以上に心を躍らせ、お母さんとの時間を喜びとしていましたね。いつもよりもやや緊張していたのではないでしょうか。(いつもはもっと元気いっぱいです。)

登園後、身支度を済ませ、少しあそぶ時間を過ごし、サークル活動、礼拝へと進んでいきました。

お当番はつい先日から始まったばかりです。全員がまだ経験していません。その中で、お友だちの力を借りて頑張っていたのではないでしょうか。

その後の制作活動においては、家族の方との“マラカスづくり”。相談しながら世界にたったひとつのものができあがりました。子どもたちも喜びに満ちた顔をしていましたね。

クラスでは、今日まで数回、鈴やカスタネット、タンバリンを使ってリズム打ちをしてきました。何度か行うと、子どもたちもリズムがとれるようになっていきます。積み重ねの中で覚えていく姿があります。

いつもある楽器ではなく、手作り楽器のあたたかさ、楽しさを感じることができたことが何より大きな喜びでした。

暑い中ご参加くださりありがとうございました。

 

 

002新しい1週間が始まりました。そして、今年度最初の水あそびが始まりました。

朝は肌寒さを感じていましたが、子どもたちが登園するころには気温も上がり陽が出てきました。

プールを見ると「あっ!プールだー!」と大興奮な姿。これから始まる喜びが体全体から伝わってきました。

年少さんは初めての水あそび。体調がすぐれなく参加できない子どももいましたが、涙になる姿もなく、みんなで喜び多い時間を過ごすことができました。

年少さん、年中さん、年長さんの順番で入りました。

今日は、小学生のお姉さんが4人お手伝いにきてくれました。シャワーを手伝ってくれたり、着替えを手伝ってくれたりと先生の代わりをたくさんしてくれました。

久しぶりの幼稚園。久しぶりのお母さんのお弁当。たくさんの久しぶりを心から楽しんでいた小学生たちでした。