2017年 10月

050052054新しい1週間が始まりました。台風は過ぎ去りましたが、今日は風の強い一日となりました。園庭にはたくさんの葉っぱが子どもたちの表現で言うと「だんすしている!」でした。

さて、先週の金曜日には第1回目のポップコーンを行い、本日2回目を行いました。

1回目は年少さんと年中さん。2回目は年長さん。が中心でした。

今回のポップコーンは採れた量は少なかったのですが、ものはよく。一粒も残らずにポップコーンになってくれました。

子どもたちからは「おいしー!!」「やっぱりようちえんのはおいしいなー。」と子どもたちの言葉がたくさん聞かれます。

今回はあと1回は楽しめるでしょうか?!

一粒一粒を大切にみなで喜び合う時間を過ごしていきたいと思います。

032040久しぶりの快晴。気持ちの良い一日を過ごしました。

8月終わりに収穫したポップコーン。

今日は、一粒一粒を子どもたちが外してくれました。小さな小さな手で、小さな小さな粒を外していきました。

「たいせつなひとつだよー。」と年長さんが声をかけてくれながら進めていきました。

昨年ほどの量は採れませんでしたが子どもたちは今から作ることを楽しみにしています。

明日、第1回目のポップコーンづくりをしたいと思っています。

種からポップコーンになっていく様子を見ること。楽しみです。

 

06510月も終わりを迎えようとしています。

先日は、芋掘り遠足に出かけ、色々な経験を神さまから与えられました。一つひとつが必要なことだったと改めて思います。

今日はお休みしていた子どもたちも担任からお芋を受け取っていました。もちろん行けなかったことは残念なことですが、これからに期待や気持ちを向けていくことができるよう歩んでいきたいと思います。

今日も雨が降る一日でしたが、10月生まれの子どもたちの誕生日会が行われました。5名の園児と1名の教師が与えられました。

誕生児をお祝いする子どもたちからはいつも「〇〇くん。おたんじょうびおめでとー!」という声が聞かれます。本当に心からの声ってこういうことなんだなー。と感じさせられます。

幸せな時間がそこには流れています。

一つ年を重ねることは、子どもたちにとっては大きな大きな自信となります。その自信がときに良い面にでることも、時に悪い面にでることもあります。

しかし、それは当然です。大きくなったからできることが増えていくのではなく、大きくなったからこそ目の前のことにより深く取り組むことができたり、違う考えを持つことができます。

それが子どもたちの成長だと思います。求めすぎずに・・・!を大切にこれからも歩んでいきましょう。

10月生まれのお友だち、お誕生日おめでとう!!

16日に予定していた芋掘り遠足が本日行なわれました。

今朝まで台風が関東地方を覆っていました。雨天時のお手紙も配布させていただき、雨天での予定も考えましたが、畑の方や天気予報とにらめっこをしながら、芋掘りへ出かけることを決定いたしました。

保護者の皆様をはじめ、バス会社の方、畑の方、様々な方々の支えがあり行うことができましたことを心より感謝いたします。

とは言いましても、交通手段も乱れ、本来の予定到着時間よりも約2倍の時間がかかり畑に着くことになりました。

着いた時には畑に溜まった水に太陽の光が反射しとても良い天気となっていました。

風は強かったですが、開放的ななかでとても気持ちよく過ごすことができました。

残念ながら、体調を崩す子どもたちが多く、欠席者が多い芋掘り遠足となりましたが、そのお友だちの分もみんなで掘ってきましたよ!

今後は、焼き芋、さつまいもチップ、クラスクッキングなど神さまが与えてくださった自然に感謝し歩みを進めていきたいと思います。

今日は2回目の体験入園が行なわれました。約20名の子どもたちが参加してくれました。

それにしてもよく降る雨ですね。1回目、2回目ともに雨の体験入園となりました。

晴れの日の幼稚園の生活も知っていただければ嬉しく思います。是非、見学にいらしてください。

年少さんのお部屋では、今日もお寿司やさんが開店していました。小さなお友だちもお客さんやお店の人になり参加してくれました。

初めて会った友だちでも前から知っていたかのように関わりを持つことができる。子どもたちの持っている大きな力です。ここは私たち大人ではかないません。

そこに会話があるわけではありません、私たちには見えない子どもたち同士の伝え合いがあるのです。

その力は無限大です。その力の全てを私たちは受け止め、保護者の皆様とともに同じ方向を向いて保育に取り組んでいきます。

3年間は短いようで、長いです。3年間の成長は驚く程大きなものになります。

その幼稚園が四谷新生幼稚園であると嬉しく思います。

今日は久しぶりに晴天となりました。

出勤途中の車内では「おかあさん。ひさしぶりのおひさまだね。」「うん。そうね。」と会話を交わす親子の姿が印象的でした。

今日の年長さんは外に散歩に出かけました。アスファルトはかわいていても、土の場所は水がしっかり染み込んでいます。

その中でも、木の間から差す陽の光はとても気持ちよく感じられたことでしょう。

お土産にはたくさんの“こぶし”の実が。一見グロテスクな見た目ですが、9月~10月に落ちる赤い実をつけたものです。

どんぐりも落ちていたようです。秋は本当に自然の宝物がたくさん落ちています。

自然のあたたかさを感じながら過ごしていきたいと思います。

年少さん、年中さんは礼拝後にはすぐに外に出て久しぶりの園庭でのあそびを楽しみました。待ってましたの子どもたち。砂あそび、かけっこ、遊具でのあそびと気持ちが発散される一人ひとりの姿がとても嬉しく思いました。

097今日もしとしと雨が降る一日でした。

ちゅうりっぷさんのお部屋では“てるてる坊主”づくりが始まっていましたよ。

子どもたちはてるてる坊主を知っていますでしょうか?いやいや知っていましたよ!!

思い思いに顔を描き、お部屋に飾られていきました。

するとどうでしょう?お帰り前になると雨がピタッとやみました。

素晴らしい力ですね。

このまま月曜日もてるてる坊主パワーが続きますように。

今日は雨のため、残念ながらお芋掘り遠足に出かけることはできませんでした。

1週間延期になりますが、お芋にとっては1日経つともっと大きく、美味しくなります。

“おおきな おおきな おいも”の本をご存知ですか。

そこには、あおぞらようちえんの子どもたちも雨で行けなくなったことに「いやだー。」「つまらなーい。」と物語が始まっていきます。

行けなかったことは残念でしたが、また心待ちにできるように明日から過ごしていきたいと思います。

来週のお天気も?ですが、きっと神さまは必要なことを与えてくださいます。

1日、1日を信じ、当日まで向かっていきましょう。

今週は雨の日が続くようです。子どもたちもなかなか発散できませんが、保育室でも動の活動、静の活動を大切にしていきたいと思います。

今週は3日間という短い保育でしたが、子どもたちの体調をみると丁度よい時間だったようにも思います。

さて、今日は体験入園の1回目が行なわれました。

雨の中ではありましたが、たくさんの小さなお友だちがやってきてくれました。

ともにあそぶ時間を過ごし、ともに礼拝の時を持ち、ともに手あそびや表現あそびを楽しみました。

お兄さんお姉さんに圧倒されてしまうこともあったかと思いますが、子どもたちはこの日を楽しみに待っていました。

今日一日で四谷新生幼稚園の全てを知っていただけたとは思っていません。

是非、いろいろな幼稚園を見ていく中で、ともに過ごすことができましたらとても嬉しく思います。

さぁ、来週は芋掘り遠足も控えています。天候が心配されますが、神さまが用意してくださった道を子どもたちとともにそして保護者の皆様とともに進んでいきたいと思います。

今日は避難訓練が行なわれました。

各クラス、礼拝後のサークル活動中に火災が起こりました。発火場所は礼拝堂でした。

また、今日は四谷消防署の方が4名お越しくださり、訓練の様子を見てくださったあとに、火災についてのお話を聞かせてくださいました。

手作りの紙芝居を見ながら火災時の避難の仕方や大切なことを学びました。

後ろに立っておられた3人の消防士さんはいつ火事の連絡が来ても良いように準備をされていました。さすがプロですね。

子どもたちはとてもよい緊張感の中で行っていくことができました。

火災はいつ起こるか分かりません。日々の積み重ねを大切に過ごしていきたいと思います。

年長さんは10月の終わりに消防博物館へ出かけます。2階が消防署とお聞きしました。またお会いできるでしょうか。